パトリックのホワイトスニーカー。

どの季節にも必要なホワイトスニーカー。



説明不要のモデル達、と言いたいところですが〈パトリック〉の“ホワイトカラー”の代表的モデルともいえる各モデルにあらためてフォーカス。

一度汚れるまで、いかにすり傷一つ作らないかが課題ともいえるほど慎重に履いてしまうのが「ホワイト」。そんな期間が、ある人は数日。ある人は履き始めた直後など様々。ひとたび汚れるとその後は、下地が見えるほどに履きこんで、それが“味”として買い始めの時よりも気に入ってボロボロになるまで履きこむ。そして、また同じものを買い替えたり、新しいデザインに変更してみたり、ホワイトの魅力は一生尽きない。


ラインナップは、発売から今現在まで根強い人気を誇る「MARATHON-L_TRC(マラソンレザー_トリコ)」、「QUEBEC_WHT(ケベック_ホワイト)」、「SULLY_TRC(シュリー_トリコ)」、「GSTAD_WHT(グスタード_ホワイト)、「DATIA_WHT(ダチア_ホワイト)」の全5モデル。




MARATHON-L_TRC ¥19,250




QUEBEC_WHT ¥17,600




SULLY_TRC ¥15,400




GSTAD_WHT ¥18,700




DATIA_WHT ¥15,400


意外と定番だから後回し、と考えられている方もいるとチラホラ聞きます。実は僕もそうで、定番はマラソンレザーのトリコとケベックのホワイトしか持ってなかったり。限定モデルにしかない魅力だったり、格好良さってあるけど、定番の安心感、持っててよかったと思う時は遅刻しそうな急いでいる朝に思ったりする。コーディネートとか考えられない時(笑)

PATRICK公式のメルマガ(無料)に登録して最新情報をお届けします。



※ドメイン拒否設定がなされている場合《@kamei-pro.co.jp》からのメールが受け取れるよう設定の変更をお願いいたします